戦力外通告。
弱肉強食でもあるFF14ブログの世界。
今年も結果や更新の無いブロガー達が、
残酷な、その言葉を突きつけられる。



Wakame Kuki 2020_01_05 01_54_53
ワカメ「もう一度あの舞台に戻りたいですね。」
ワカメ「やるしかないですよね。」




名称未設定3
FF14ブロガー戦力外通告。
ブログを書き続けたい。
諦めきれないブロガー達と、その家族の物語。



名称未設定7
戦力外通告2019
〜クビを宣告されたブロガーたち〜





Wakame Kuki 2020_01_04 22_27_32
〜語り ワカメ山紀之〜

エフエフ14アンテナ』の世界。
そこはどんな実績があろうと
結果が出せなくなれば瀬戸際に立たされてしまう。




Wakame Kuki 2019_04_05 01_45_02
データーセンターマナのパンデモニウムワールド。
ここで黙々とブログを更新している男も、
その一人だ。



Wakame Kuki 2019_04_05 01_13_55
双蛇党所属『Wakame Kuki』



Wakame Kuki 2020_01_05 15_29_36

Wakame Kuki 2020_01_05 15_29_54
ワカメは2014年、ドラフト7位で双蛇党に入隊。
将来を期待されたブロガーだった。



スクリーンショット 2020-01-04 21.11.20
そんなワカメは1年目から『月刊ワカメ通信』を立ち上げ、ロードストーンで日記を11更新。
ルーキーながら大車輪の活躍を魅せた。



スクリーンショット 2020-01-04 20.12.26
そして同年の10月。
FA宣言をしてライブドアブログに移籍。
念願の大手アンテナサイトでもある『エフエフ14アンテナ』にも登録され、観覧数が激増。
まさに絵に描いた様なサクセスストーリーとも言える、
順風満帆なブロガー生活を送っていった。





しかし2018年。
ワカメに悲劇が襲う。






Wakame Kuki 2020_01_04 23_54_42
ゴールドソーサーのモーグリキャッチャーで遊んでいたワカメ。



a1
景品が獲れないことに腹を立て、
ワカメは台パンを行う。

その際に右手を痛めてしまったのだ。





スクリーンショット 2020-01-04 19.59.26
そのケガの影響でブログの投稿が激減。
さらには成績不振や新たに登録された若手ブロガーの台頭により徐々に投稿機会を失っていった。
2018年はわずか4投稿という成績に終わってしまう。





スクリーンショット 2020-01-04 19.05.43
そしてその年のシーズンオフ。
『エフエフ14アンテナ』には・・・




スクリーンショット 2019-03-23 23.59.20
『月刊ワカメ通信』の名前は無かった。









名称未設定
戦力外通告







Wakame Kuki 2020_01_04 22_26_46
ワカメ「くやしいですよね。」
ワカメ「(怪我も治って)まだまだやれる自信もありますし。(他のブログにも)負けていないと思ってます。」
ワカメ「やるしかないですよね。」



Wakame Kuki 2019_05_30 00_17_17
ワカメはハウジングに帰ると
FC『ワカメハウス』のマスターとしての顔も持っていた。
そこには守らなければいけないFCメンバー存在がある。



Wakame Kuki 2020_01_05 01_50_01
ワカメ「(クビになった後)FCメンバーの顔とかを見た時には、申し訳ないって気持ちしかなかったですね。」
ワカメ「やるしかないですよね。」



Wakame Kuki 2019_10_14 22_39_53
育ち盛りのFCメンバーを食べさせていくためにも、『エフエフ14アンテナ』に復帰して観覧数を増やさなければならない。



Wakame Kuki 2019_10_23 21_46_52
そして幼い我が子のためにも、
ブロガーとしての姿をまだまだ見せたいと思っていた。



Wakame Kuki 2020_01_05 00_00_51
ワカメ「やるしかないですよね。」
ワカメ「FCマスターや父親としてもこのままじゃ終われないですし。」
ワカメ「もう一度『エフエフ14アンテナ』復帰してみますよ。」




スクリーンショット 2019-03-23 23.58.11
クビになってからのワカメはアンテナサイトの2軍施設を借り、ブログの投稿を続けていた。




スクリーンショット 2019-03-23 23.57.27
しかし、『エフエフ14アンテナ』をクビになった影響は大きく。
観覧数は1つの記事で20〜30人程に激減。




Wakame Kuki 2020_01_05 00_08_59
ワカメ「やるしかないですよね。」
ワカメ「最初はフレンド限定に公開していたかと思っていたんですけど」
ワカメ「そんな機能無かったですね。」
ワカメ「そもそもそんなにフレンドが居なかったですね。」



新規マイビデオプロジェクト2
そしてエオルゼア三国とイシュガルドによる。
四国合同トライアウトの日がやって来た。



新規マイビデオプロジェクト18
ここでブログを更新してスカウトの目に止まれば、
再び『エフエフ14アンテナ』に登録される可能性がある。



Wakame Kuki 2019_04_19 15_28_03_1
ワカメはこのトライアウトに標準を合わせ燃えていた。



Wakame Kuki 2020_01_05 00_03_06
ワカメ「やるしかないですよね。」
ワカメ「今の自分にある力を出し切って。」
ワカメ「なんとかトライアウトで結果を出してアピールしていきたいですね。」





新規マイビデオプロジェクト3
しかしトライアウトの開始直前。
ワカメはあるトラブルに襲われる。





新規マイビデオプロジェクト4

新規マイビデオプロジェクト6
・・・



1
・・・



新規マイビデオプロジェクト10
・・・



3
こうしてワカメのトライアウトは開始前に終了した。



Wakame Kuki 2020_01_04 23_59_45
ワカメ「いや、自分の力を出せたかって言われれば、全然出せて無いですね。」
ワカメ「というか自分の顔すら出せなかったですし。」
ワカメ「このトライアウトを標準に準備をしてきたつもりだったんですが・・・」
ワカメ「悔いが残らないって言えば嘘になりますね。」





しかしこの時、ワカメの電話に知らない番号から着信があった。




004
ワカメ「(iphoneのあの着信音)もしもし。」
ワカメ「はい、お疲れ様です。」
ワカメ「いえ、まだ(オファーは)無いですね。」
ワカメ「はい、よろしくお願いします。」


※「どこからでした?」




002
ワカメ「独立リーグです。」






スクリーンショット 2020-01-05 19.36.54
ワカメに連絡があったのはFF14アンテナサイト界の独立リーグに属する
WebFeeder FF14』というアンテナサイトだった。




スクリーンショット 2020-01-05 19.37.29
ここに登録されて記事を投稿すると、
Twitterでも更新報告をしてくれる環境もあり、数多くのブロガーが在籍している。
ここで腕を磨き、『エフエフ14アンテナ』の登録を目指す若者も多い。




Wakame Kuki 2020_01_04 22_23_02
ワカメ「やるしかないですよね。」
ワカメ「まだ自分にブログを書かせてくれるアンテナサイトがあるってことは、すごい幸せな事ですね。」
ワカメ「チャンスを与えてもらったんで、必ず活躍してみますよ。」
ワカメ「ホントやるしかないですよね。」




その数日後・・・




スクリーンショット 2020-01-05 19.36.20
ワカメは『WebFeeder FF14』に入団。
観覧者数激増に期待に胸を膨らませ、
さっそく12月には2つの記事を投稿した。




そして・・・








スクリーンショット 2020-01-04 18.17.26
いや『WebFeeder FF14』から見に来てる人、1人もいないんかい。


〜完〜


















ランキングに登録したりしてなかったりしてます。
押すとワカメが調子乗るのでほどほどに・・・

人気ブログランキングへ